2009年01月12日

「問う人、つくる人」って誰のこと?

明けましておめでとうございます。

今日は、新年最初の記事ということもあり、
本サイト、というか「面」のコンセプトに関わることを、少し書き加えてみます。

「面」では企画当初から、「問う人、つくる人をつなぐ」を合言葉にしています。

広い意味での学問とアートに関わる人を、
それぞれ「問う人」「つくる人」と呼んでみたわけですが、
この呼称は、必ずしもこれらの分野に関わる人のみを指すわけではありません。

たとえば、今日の夕飯を作ること。
あるいは、明日の会議のための資料を作ること。

家庭や会社で行われる「ふつうの」仕事の一つ一つが、
無数の問うこと、つくることから出来ているはずです。

学問的に問うこと、芸術的につくることは、
それぞれ独特の方法論や流儀を要求するものだとしても、
それを可能にしているアタマや手足の使い方には、
家庭や会社でのそれと共通する面がたくさんあるはずです。

学者でござい、アーティストでござい、
などと言って自分たちのやっていることを過度に特別視しているようでは、
学問もアートもひどく痩せたものにならざるをえないでしょう。

昨今、学問やアートの裾野を広げる、という意味で
「アウトリーチ」という言葉が使われる場面が増えています。
まことに良いことだと思います。

しかし、少なくとも学問の世界に関して言えば、
この言葉が「一般人」や「素人」に正しい知識を教えてあげましょうという、
いささか一方的で傲慢な態度のもとに用いられている場面も少なくありません。

どのようなジャンルであれ、正解は専門家がもっている、
という考え方には、大いに疑問の余地があります。

そもそもどこかにゼッタイの正解がある、という考え方自体、
なんともインチキクサイものではありますまいか。

素人に正解を教えてやろう、などという過度の気負い。
専門家に正解を教えてもらおう、などという過度の期待。
(なんか韻を踏むとラップ調ですな)
私たちはこれらを捨ててこそ、より良く問い、より良くつくるためのヒントを、
あらゆる場所・あらゆる人に期待することができるのではないでしょうか。
(思わず演説口調)

そういうわけで。

「問う人、つくる人」をつなぐ、という合言葉は
単に学問やアートを志す人たちをつなぐ、ということにとどまらず、むしろ
「問うこと、つくること」を通してすべての人をつなぐ(つなぎたい)、
ということまでを意味するもの、なのでした。 

ということで、
志だけは高く掲げつつ、あまり無理をせずにやっていきたいと。

・・・今年もどうぞよろしくお願いいたします。

2008年10月27日

このブログについて。

group 面 omote のメンバーが交代で記事を担当する、
週刊のブログです。

記事の内容は、
@ それぞれの仕事や研鑚のなかでふと考えたこと、気になったことを記す「仕事場のパンセ(随想)」、
A ごく身近なことがらの中に果てしない(かもしれない)ガクモン的考究への糸口を見いだし、拾い上げる「問いの小窓」、
B それぞれの仕事や研鑚の刺激になっている文物、自然物その他をたたえ、やんわりお薦めする「お気に入り」などです。

もっとも、これらのカテゴリー分けは便宜的なものにすぎません。
実際にはきっぱりと分けられない雑念(?)がただようスペースになるかと思いますが、肩の力を抜いて楽しめるサイトになれば、と思っております。

※ このブログのタイトルについて。

  ある方が、私が「面」で行なおうとしていることを、
  神経細胞のネットワークを媒介する「シナプス」にたとえてくださいました。

  その語がギリシア語の「繋ぐ」に由来することを踏まえてのお言葉で、
  多様なジャンルの橋渡しを目指す私にとっては大変嬉しかったので、
  このブログのタイトルに使わせていただきました。

  また、毎週月曜日の朝には更新されている状態を継続していきたい、
  との考えから、「月曜日の」という言葉を冠しました。
posted by 面 at 00:00| コンセプト、みたいなもの。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

面 omote とは?

「問う人、つくる人をつなぐ」を合言葉に、
様々なジャンル、様々な立場でアートや学問に関わっている人たちが集い、
(と言っても、主にネットを介してではありますが)
情報交換や共通言語の模索を行なっています。

現在、メンバーは15名。
その多くは札幌を活動の拠点にしています。
アートや学問をなりわいとしている人もいれば、
目下、それを学んでいる人もいます。

―― 発起人 堀マサヒコ
posted by 面 at 00:00| コンセプト、みたいなもの。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。