2010年01月25日

太陽のこと

冬になると太陽が恋しくなります。私は、真夏のギラギラした太陽が大好きで、雲の多い冬はどうにも寂しく感じます。北の地にいると、真夏でも太陽があまりギラギラしていないので、ちょっと残念なのですが。

ここの太陽は南国みたいにギラギラしていないとはいえ、やっぱりそれなりにギラギラしているわけで、冬でも昼間の太陽は直接に見ることができません。目が焼け焦げてしまいますので注意が必要。

でもよく考えると、そんな危険なものがつねに頭の上にあるというのは少し変な気がします。見てはいけないものがつねに空の上にあるというのも、なんだか危なっかしいです。少し顔を上に向けると視界の隅に危険なものが入り込んで、ああ、そっちを見てはいけない、と本能じみたものが警告を発してくれます。人生つねに危険と隣り合わせという教訓を示してくれているような気もします。そんな、直接見てはいけないものが、私たちの命の源であるというのも不思議でなりません。

以前こんな物語を読んだことがあります。大分前のことなので細かいところは忘れてしまいましたが、だいたいこんな感じ……

……ある貴族がある実験を企み、一人の赤子を買い取ります。さて、その実験とは何か? それは、その子にまったく太陽を見せず、太陽の存在も知らせずに、室内の人工灯の下で育て、そして少年に成長したときに、彼に初めて太陽を見せるとどうなるのか、そしてその太陽が沈んでいくのを見るといったいどうなるのか?というものでした。そして、この貴族は友人たちと賭けをすることになります。ある友人は、太陽が消えるのを目の当たりにした少年は気が狂って死んでしまうだろう、と予想します。さて、どうなることやら……

これはアレクサンドル・グリーンの「消えた太陽」という短編小説ですが、よく考えると(いや、よく考えなくても)あまりにも非人道的でおぞましい実験です。とはいえ、いったい結末はどうなるのか、それは読んでのお楽しみということで、ここでは伏せておきます。

普段は意識しないものがとても大切で、とても大切なのに直接目にすることができず、とても危険なもので、目にできるのはそれが生まれるとき(日の出)か死ぬとき(日の入り)だけだなんてどうにも不思議で、とても不思議なのに当たり前のように思ってしまう。昔から、そんな思考にときどき悩まされてしまいます。

   by こにりょ
posted by こにりょ at 11:56| Comment(0) | 名づけえぬもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。