2009年12月21日

奈倉洋子 『グリムにおける魔女とユダヤ人』

先週紹介した映画(DVD)、「ブラザーズ・グリム」との関連で、
お薦めの本を一冊。

奈倉洋子『グリムにおける魔女とユダヤ人 ――メルヒェン・伝説・神話』
鳥影社、2008年。

     ★★★

メルヘンには悪役がつきもの。
その悪役のイメージは、多くの場合、現実の世の中から素材やモデルを得て、練り上げられています。

魔女やユダヤ人が悪役として現れるグリム童話の世界には、
当然ながら、現実に行われた魔女狩りやユダヤ人迫害の歴史が、くらい影を落としているわけで。

この本は、副題に示唆されているように、
グリムのメルヒェン集(いわゆる『グリム童話集』)をはじめ、
彼らの編纂した『ドイツ伝説集』、および兄ヤーコプの著書『ドイツ神話学』を対象に、
そこでの魔女やユダヤ人についての記述のありようと、背景となる歴史との関係に迫るものです。

記述は懇切丁寧にして平易。 

以前、子供に「魔女って、どうして悪い人ばっかりなの?」と問われ、
一瞬、答えに詰まったことがあります。
(「いや、良い魔女もいるんだよ」と答えたものの、
これは本質的な答えではないわけで。)

同じような疑問を子供の頃に持った方。
あるいは、
そういえばどうしてだろう、と、大人になったいま改めて考えてしまう方。

考えるヒントを与えてくれるものとして、
本書を一読されてみてはいかがでしょうか。

     by 堀マサヒコ

posted by 面 at 00:11| Comment(2) | お薦め | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「どうして魔女はみんな悪い人なの?」

いろんな意味にとれる質問ですね……

・魔女はみんな悪いことしかしないの?←魔女であれば、誰でも同じキャラクターなのかという疑問。

・魔女はどうして悪いことしかしてないの?←他に仕事や、趣味とか、案外普通に孫にお年玉やってるとか、たまに人助けなど隠れた善行などはないのかという意味。

・ほんとに魔女って悪いの?←悪いってことになってるけど、ほんとに魔女が悪いんだと一義的に片付けてしまっておかしくはないのかという問いかけ。

・どうして魔女のみなさんはこんなに悪い人になってしまったの? ←悪い人になってしまった魔女の生い立ち、精神的原風景などへの興味(笑)。

どう答えたらいいかわからないですね!?


「悪い人をね。同じ人間と思うとつらいから、書いた人が悪い人を同じ人間ではない、魔女にしたんだよ。魔女は人間じゃないからね。」←精一杯(笑)

実際は「都合が悪かったから」、を「つらいから」、に置き換えたのが、子供むけなつもりです(爆)。しかしかなり考え込みました。
害獣には弁護士つきませんからね……。
Posted by 古畑亜紀 at 2010年01月05日 06:05
たぶん、挙げてくださった四つのうち、前の二つがぼやんと入り混じった質問だったのかな、
と思います。

他の場面でも、
わりと物語の「外側」に関心を持ちやすい傾向があるので、二つ目のニュアンスが強かったような気も。

だとすると、「たまには良いこともするみたいだよ」って答えたほうが良かったのかな。

まだ5才なんで「悪とは何か」を深く考えてはいない・・・はず。
いや、まだ5才だからこそ考えてるかも(笑

なんでも誠実に答えたいと思う反面、
子供のうちはリアルに恐いものって、
あった方がいいよなあ、とも思ってます。

そういえば意地悪な継母、というお決まりのパターンも、
もともとは実の母親だったのを、
まさに「都合が悪い」というので継母に書き換えた例があるらしいですよ。
Posted by ほ at 2010年01月07日 12:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。