2009年08月31日

「孤立」をうながす、広大な問い。

東京の国立近代美術館で開催中のゴーギャン展。

日本初公開の大作、
「我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか」
も来ている、そうで。 (下記URL参照)
http://www.gauguin2009.jp/

そんなタイトルをつけるなんて、
ちょっと野暮じゃない?
てなことを、若いときには思ってたんですが。

芸術も哲学も宗教も科学も、
すべてはこの問いにたどりつく、という気が、今はしています。

答えを知りたい、ような、
絶対に知りたくない、ような。

ともあれ、この絵の前に、一度は立ってみたいものです。

できればたった一人で、
と思うのは、

やっぱりこのタイトルのせいでしょうか。

   written by 堀マサヒコ
posted by 面 at 00:00| Comment(0) | 問いの小窓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。