2009年04月27日

食と文化と文明と。

宗教の食餌規定の多様性や、生命倫理学などで話題の「動物の権利」や「動物福祉」の問題などを考えているうちに、人間と動物との関係を、自分自身の日常生活、特に食生活の面から考え直してみたいと思うようになりました。

非常勤先の大学で「人間論の基礎」という授業を担当していることもあり、何か映像資料をもとに、学生と一緒にこのことを少し考えられないものか、と思い、候補として、以前から気になっていた二本のDVDを見てみました。

一つは、
ジブリ学術ライブラリー「人間は何を食べてきたか」全8巻中の第1巻。
三つのセクションに分かれた一つが、主にドイツの肉食文化のありようをレポートしたもので、農家の庭先で豚が解体されるシーンが含まれています。

もう一つは、
2005年に公開され、日本でも話題になった「いのちの食べかた」。
(ニコラウス・ゲイハルター監督、オーストリア・ドイツ合作)
こちらは今日の機械化・工場化された食品生産の状況が、その中で「生産」され、「加工」されていく鶏や豚、牛などの姿を淡々と映しこみつつ、描かれています。

どちらもセンセーショナリズムや感傷に訴える演出を排した良質の作品ですが、それだけに、屠畜の場面に関しては主に活字やイラストを通しての想像にとどまっていた私にとっては、多少とも動揺を伴う内容ではありました。

しかし、一口に屠畜の場面といっても、受ける印象は二つの作品において、ずいぶん異なっています。
より強い動揺を覚えたのは、圧倒的に後者です。

前者がもともとNHK教育テレビのスペシャル番組として放映されたもので、いくつかのシーンを静止画像で処理するなど、ある種の配慮を感じさせるせいも(いくぶんかは)あるかもしれません。

しかし、本質的なのはやはり、映されている状況そのものの違いでしょう。

前者における、農家の庭先でのそのシーンは、レポーターを務めた女性自身が語るように、解体を行う職人のナイフ裁きの見事さや、それを静かに見つめる、この農家の少女の眼差しに吸い込まれるような感覚があり、何か神聖な儀式を見ているような気にさえなってきます。

後者においても、もちろんその作業を行う人たちはいるのですが、機械が媒介、あるいは見ようによっては主体となっている要素が強いせいか、職人というよりは、作業員とかオペレーターという言葉があてはまるような印象です。

光が人工的だと、それに照らされるものも人工的に見えてくるというのは、以前、私が全く別の文脈で自分のブログの中で書いたことなのですが、後者の作品を見ていても、そのことは実感されます。

農家の庭先で、太陽の光のもと繰り広げられる光景がドイツ文化の一端を垣間見させてくれるのとは異なり、青白い照明にまんべんなく照らし出された食肉工場の風景は、どこの国のものでもあるようで、同時にどこか、現実から遊離した世界のようにも見えます。

文明のみがあり、文化の脱色された世界とでも言うべきでしょうか。

もちろん、この作品は、食品生産の機械化や、ましてや肉食文化そのものを大上段に告発するというような意図のものではないでしょう。

夜間、街路灯に照らされた木々の「不自然な」緑が独特の美しさを感じさせるように、この映画の中にもやはり、ある種の美があることは確かです。

この美を自分の中でどのように位置づけたらよいのか。
答えはまだ見つかっていません。

     by 堀(宗教学)
posted by 面 at 00:00| Comment(0) | 問いの小窓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。