2009年12月28日

善い魔女――ホレおばさんと銭婆

立て続けの登場にて失礼します、
管理人の堀です。

先週書いたことの関連で、わりと最近、気が付いたことをひとつ。

     ★★★

「善い魔女」が登場する物語の例として挙げられるものに、
グリム童話の「ホレおばさん」があります。

井戸から落としてしまった糸巻きをとりに、
その中へと飛び込み、地下の世界にたどりつく娘。

そこで出会うおばあさんは、
その一見恐ろしげな風貌とは裏腹に、
まじめに仕事を手伝ってくれる娘を暖かく迎え入れ、
最後は黄金という褒美まで与えて地上へと返しています。

もっとも、善い魔女と言っても、その性格は両義的。

主人公の娘の帰還後に、継母が黄金目当てに送り出した別の娘に対しては、
まじめに仕事をしなかったということで、
一生取れることのない汚れという、かなり強烈な罰を与えています。

先週紹介した本でも論じられているように、
魔女(とまとめられるに至る、諸々の不思議な力を持つ女性)は、
もともと善悪あわせもつ存在だったと考えられています。

それが、キリスト教的な選別倫理の浸透を通して、
純粋に善なる聖母のような存在と、
まったき悪のかたまりのような「悪い魔女」へと両極化した、というわけです。

     ★★★

で、さいきん気が付いたことというのは、
このホレおばさん、
宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」に登場する銭婆と実に共通点が多いということ。

西洋の魔女の原型になっているもの(かなり多様)の筆頭に挙げられるのは、
地母神や太母と総称される各地の女神ですが、
これらは総じて、
豊饒神としての側面と、
冥界の女王としての側面をあわせもっています。

大地が生命のゆりかごであると同時に、
墓場――「土に帰る」場所――でもあることからすれば、
この両面性は、不思議なことではありません。

ホレおばさんと銭婆は、
どちらも冥界の女主人という側面が非常に濃厚だと思います。

ホレおばさんの主人公は井戸に落ちて奇跡的に生還し、
他方、「千と千尋」の千尋は、かつて川に落ちて奇跡的に助かったことを思い出しています(しかも、銭婆の家を訪ねた直後に!)。

また、
ホレおばさんの主人公は糸紡ぎの途中で糸を落とし、地下の世界へと誘われますが、
他方、千尋が冥界らしき場所で出会った銭婆もまた糸を紡いでおり、
その糸で編んだ髪留めを千尋に贈っています。

「運命の女神の紡ぎ車」という言葉で親しまれるイタリアの女神、
フォルトゥーナに代表されるように、
糸紡ぎという作業(および、紡がれた糸)は、ヨーロッパではしばしば運命のゆくえと関係づけられてきたようです。

思えば、いずれの物語の主人公も、
運命の歯車が少し違った方向に回っていればこの世に戻って来れなかったわけで、
どちらも極めてきわどい場所を旅してきたと言えそうです。

     ★★★

この共通性はおそらく、
宮崎監督にとってはアタリマエというか、十分に意識化されているものでしょう。
(ホレおばさんの模倣、などというケチな話ではなく、
日本人もまた童話を通して親しんできた西洋の神話の祖型をなぞる、という意味で)

「千と千尋」については、
日本的なアニミズムとの関係や、
宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」との類縁性を指摘する人が多いのですが、
このあたりを考えると、
さらに多様な要素をはらんでいるようで、
改めて面白い作品だと思います。

    by 堀マサヒコ

     ★★★

今年の更新は、これが最後となります。
みなさま、どうぞ良い年をお迎えください。

posted by 面 at 00:55| Comment(0) | シナプス接続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

奈倉洋子 『グリムにおける魔女とユダヤ人』

先週紹介した映画(DVD)、「ブラザーズ・グリム」との関連で、
お薦めの本を一冊。

奈倉洋子『グリムにおける魔女とユダヤ人 ――メルヒェン・伝説・神話』
鳥影社、2008年。

     ★★★

メルヘンには悪役がつきもの。
その悪役のイメージは、多くの場合、現実の世の中から素材やモデルを得て、練り上げられています。

魔女やユダヤ人が悪役として現れるグリム童話の世界には、
当然ながら、現実に行われた魔女狩りやユダヤ人迫害の歴史が、くらい影を落としているわけで。

この本は、副題に示唆されているように、
グリムのメルヒェン集(いわゆる『グリム童話集』)をはじめ、
彼らの編纂した『ドイツ伝説集』、および兄ヤーコプの著書『ドイツ神話学』を対象に、
そこでの魔女やユダヤ人についての記述のありようと、背景となる歴史との関係に迫るものです。

記述は懇切丁寧にして平易。 

以前、子供に「魔女って、どうして悪い人ばっかりなの?」と問われ、
一瞬、答えに詰まったことがあります。
(「いや、良い魔女もいるんだよ」と答えたものの、
これは本質的な答えではないわけで。)

同じような疑問を子供の頃に持った方。
あるいは、
そういえばどうしてだろう、と、大人になったいま改めて考えてしまう方。

考えるヒントを与えてくれるものとして、
本書を一読されてみてはいかがでしょうか。

     by 堀マサヒコ

posted by 面 at 00:11| Comment(2) | お薦め | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

ブラザーズ・グリム

          brothers_grimm.jpg

テリー・ギリアム監督、2005年の作品。

マット・デイモン演じる兄ウィルと、ヒース・レジャー演じる弟ジェイコブ。

グリム童話で知られる実在の兄弟は、
兄がヤーコプ、弟がウィルヘルム。

この逆転は、この物語が一種のパロディであることの印でしょうが、
通して見てみるとこれが、
単にパロディという言葉では括りきれないような作品。

童話作家として、というよりは民話採集者(民俗学者)としての彼らの仕事の意味を
ドイツ、ひいてはヨーロッパの文化史的・精神史的な観点から捉えた上で、
伝記的事実とはかけ離れたファンタジックな物語の中に彼らを置きなおす、
という、かなり手の込んだ遊びが認められます。

キリスト教と啓蒙主義の双方から忌避され、
「あってはならないもの」とされてしまった精霊信仰(アニミズム)と魔術的世界観。

その象徴である「呪われた森」の中で通用するのは、
この作品では支配者たるフランス人が代表しているところの「書かれた理性」の文化ではなく、
狩人の娘、アンジェリカ(レナ・ヘディ:下のポスター写真、右)が代表しているところの、口頭伝承による民俗知識。

つまり、まさに実在のグリム兄弟が掘り起こそうとしたものです。

          brothers_grimm_ver6.jpg

兄弟がアンジェリカと協力して森を呪いから解く(=森を守る)行為は、
見た目上は単なる化け物退治に見えますが、
実在のグリム兄弟がいわばペンによって行った闘いの、
ちゃんとした表現になっている。

公開から4年も経って言うのもなんですが、
テリー・ギリアムってやっぱりすごいじゃん、と思いました。

ちなみに村に平和が戻ってきた、というラストのチャプターの冒頭、
映し出される十字架は、
クロスの中央部に円が加わった、ケルト十字を思わせる形。

ひょっとすると、作品中の悪役、フランス人たちが濃厚に継承するローマ(カトリック)的キリスト教の伝統とは異質の、
よりアニミズム的傾向をもつケルトのキリスト教(※)に対する積極的評価を込めたのかもしれません。

一般的なケルト十字そのものズバリじゃないので、
これはちと、読み込み過ぎかもしれませんが。。。。
(この辺り、ご存知の方いらしたらご教示ください)

エンディング近く、喜びに沸く村人が奏で、踊る音楽が、
ユダヤの伝統音楽クレズマーなのも(これもたぶん、だけど)、
それをバックに交わされるグリム兄弟の会話と相まって、
色々考えさせられます。

  弟:「現実の世界は厳しい。
     故郷ももたず、国家を敵に回し、名も成していない。
     ・・・良い名前なのに」

  兄:「最高の名前だよ!」

※  アリスター・マクグラスは、
    古代におけるケルト的キリスト教の神学的特質について、
    「神を知る手段としての自然界の重要性を強調した」点に注目しています。
    (『総説・キリスト教』キリスト新聞社、2008年、378頁)

     by 堀マサヒコ


posted by 面 at 00:35| Comment(0) | お薦め | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月07日

食玩

          TS380194.JPG

前回の kikuch さんの話ですが、
ノベルティの魅力には確かに、抗いがたいものがありますよね。

うちの奥方なんかも、
トートバッグが付いてくるから、というのでペットボトルのお茶を大量に買ってきたり、
〇ッフィー絵皿を獲得するべく、
コンビニはしばらく「〇ーソン」限定とすべし、との方針を打ち出したりしています。

そりゃ本末転倒ってもんだよ、と、冷笑しつつも、
私自身、目新しいノベルティ(同語反復…)を獲得しては妻子に見せびらかしたり、
昼食用のパンについていたシールをせっせと貢いだりしています。

     ★★★

こういうものに魅せられる気持ちのルーツは、
やはり子供の頃、キャラメルとかに付いてた「おまけ」のウキウキ感だろうなあ、と。

写真は大人になってから魅せられた「おまけ」(オトナらしく言えば食玩ってやつですな)。

数年前、カバヤから出ていた 「世界の神話・仏教神話編」 に含まれていたもので、

左から @金剛力士・阿形、A降三世明王 B増長天 C金剛夜叉明王 D金剛力士・吽形 
となっています。

途中から同じものしか引き当てられなかったので、
コンプはさっさと諦めたのですが、
今もオークションや通販で手に入れることはできるらしい。

仏教「神話」と銘打ってるだけに、
明王と天しか出ないのかなあ、と当時は思っていたのですが、
(ご存知の方も多いでしょうが、仏像は一般に如来、菩薩、明王、天の四種に分かれ、後二者には古代インド神話の神々に由来するものが多いようです。)
その後、カバヤは密教曼荼羅シリーズも出したらしい。

良いセンスだ〜 大日如来とか、結構ほしいぞ。

で、本体のお菓子がいったい、どんなものだったのか、
いま思い出そうとしているのですが・・・
全く思い出せません。

     written by 堀マサヒコ

posted by 面 at 10:58| Comment(1) | シナプス接続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。