2009年09月28日

辻千絵 ピアノLIVE in T&F hanaagra vol5

今週水曜日の夜、辻千恵さんのピアノLIVEが行われます。
このステージに、
@ 本サイトにも登場してくださっているトランペット奏者の古畑亜紀さんがゲスト出演されます。
A 会場に、同じく本サイトでもお馴染みのグラフィックデザイナー、菊池和広さんの作品が展示されます。

     ★★★

辻千絵 ピアノLIVE in T&F hanaagra vol5

日時: 9月30日(水) 1830開場 1900開演
場所: 札幌市中央区南一条西4丁目フリーデン1.4ビル3階hanaagra

「ClassicからWorld,Healing,Jazzテイストなものまで選りすぐりの名曲で楽しむArt Space Concert シリーズ」ということで、
古畑さんは第二部、トランペットとピアノデュオのステージにゲスト出演され、
上記のとおり会場には菊地さんの作品が展示されるそうです。

第二部の曲目は、以下のようにバラエティあふれる内容。

・武満徹/ヘニングブライエル編曲 「翼」
・同上 「ワルツ」
・マシューウィッツ、シャーウィン 「バークレースクエアのナイチンゲール(ver.マンハッタントランスファー)」
・EGO-WRAPPIN' 「色彩のブルース」
・ショパン 「ノクターン(ver.平原綾香)」
 ほかアイリメンバークリフォード(ver.辻さん)など。

武満徹とエゴラッピンの曲を同じステージで聞けるというのがすごいですね〜 (でも、どこか通じる感じも)

また、「第一部は、クラシックを中心としたタイトル「ノクターン」ピアノ作品特集です。藤女子大講師をおつとめでラジオパーソナリティーもされている辻さんの独奏おたのしみください。ショパン、モリコーネ、シークレットガーデンなどノクターンばかりを集めて練り上がった選曲です」(古畑さん)、
とのことです。
(→辻さんのHP

前売りは1800円(ミュージックチャージのみ)。
お電話で詳細お問い合わせされたい場合は
011-251-9530〈主催ギャラリー&カフェhanaagra〉へどうぞ。

     ★★★

先週の土曜日は、やはり「面」を応援してくださっているミュージシャンの長沢公平さんのソロプロジェクト、Spinoza のライブが行われ、
わたくし、管理人Aこと堀もバンドの一員として、心地良いグルーブのなかに身を置かせていただきました。
(→長沢さんがラジオ出演されたときの情報

「面」つながりの面々が色んな形で活動をともにする機会が、これからも増えてくれば良いなあ、と思っています。

このサイトも、もすこしコラボをうまく進めていかねば。。。

posted by 面 at 00:39| Comment(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月21日

覚醒体験としての夢 ――西郷信綱『古代人と夢』

管理人Aです。

京都での学会は、新たな出会いと発見に満ちた、とても刺激的な三日間でした。
やはり人と話すことは大事だな、と思った次第。

京都という場所柄のせいもあって「和」の方へ意識が傾いたのか、
あるいは、
滞在中、夜はほとんど眠れず、色んな人と夢の中で話したような感覚を味わったせいか、
このところ、学部時代に読んだ西郷信綱『古代人と夢』を改めて読み返しています。

本書によれば、夢はもともと「イメ」(寐目)、つまり 睡眠中の目 を意味するとか。

深い眠りの中でこそ覚醒する何か――「古代人」が様々な祭式や神話を通して大切にしてきたその何かを、著者は 〈他者〉としての魂 と捉えています。

そのような魂の見る夢を、かつて人々は神来のもの、つまりある種の啓示(「他界からの信号」)と受け取り、そこに日常とは別種の「うつつ」としてのリアリティを認めていた、と著者は言います。

この話は、それこそ夢見がちな青年期の私にたいへん魅力的に響いたわけですが、
その時にはあまり気がつかなかったのは、
「夢は大地に属するものである」、 という著者の論点の重要性です。

著者は、「古代人」が夢を介して交流していたのは、
山の神や水の神といった古い大地の神々だと述べています。

そのような神々への信仰が、
天照大神を中心とする「高天の原のパンテオン」の成立とともに相対的には劣位へと追いやられていくとともに、
夢の神性はリアリティを失っていった、というのが、
著者の主要な論点の一つであるようです。

日本人の宗教、というものを考えるとき、
「神道」や「仏教」、あるいは「アニミズム」といった一般概念には回収し尽くせないような、
あの山、この川という地域的な自然環境と一体化したローカルな信仰にこそ目を向けることが大切じゃなかろうか、
と私は思っているのですが、そのような観点からも、
これは面白い議論だと思います。


     by 管理人Aこと、堀

posted by 面 at 23:55| Comment(0) | お薦め | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月07日

準備中。

管理人Aです。目下、今週末に京都で行われる学会の準備に没頭(?)しております。

「日本宗教学会学術大会第68回学術大会」(9月11〜13日@京都大学)というものですが、
いったい宗教学会って何をやるの?
という関心を持たれる、極めて少数派の方は、
こちら、学会HPをどうぞ。

ちなみに私は大会二日目、9月12日(土)の14:00から行われる次のパネルで発表いたします。 

     * * *

宗教哲学の現在を問う―反本質論の波を受けて

@「宗教哲学は本質論を離れうるか―多元主義の観点から」堀雅彦(代表者) 
A「「宗教の本質」と歴史性―トレルチによるオットー批判より」小柳敦史 
B「神経科学の冒険―思考実験と宗教哲学の可能性」松野智章 
C「他性と多性―他者の哲学/哲学の他者としての宗教哲学」佐藤啓介 
コメンテータ: 深澤英隆
司会: 佐藤啓介

いちお書類上は代表者ですが、要するに言い出しっぺで、
参加者間の調整、連絡係のようなもの。
事務的なことから学術的なことまで、他の方々にフォローされまくりで、
実力不足を痛感しています。
が、そういうイタイ経験がなければ、
私のような怠け者は前に進めないとも思います。

     * * *

と、いうことでして、
来週月曜はまだ京都にいることもあり、
次週のシナプスはお休みさせていただくことになると思います。

     by 管理人Aこと、堀

posted by 面 at 12:24| Comment(0) | intermezzo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。