2010年02月22日

しばらくお休みします。

当サイトの更新を、しばらくお休みさせていただきます。

その間、各メンバーのブログ等を、どうぞ宜しくお願いいたします。

     
     ★ 以下、リンク。

  管理人Aのブログ

  管理人Bのブログ

  グラフィックデザイナー kikuchさんのブログ

  鍼灸師 Fさんの「ひとり言」

  トランペット奏者 Fさんのブログ

posted by 面 at 12:58| intermezzo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

太陽を凝視した男。

こにりょさんの太陽について、からシナプス接続。

まさに、「見てはいけない」太陽を、
過剰なまでの科学的探究心から肉眼で見つめてしまい、
失明しかけたという逸話を持つ人がいます。

その人の名は、グスタフ・フェヒナー(G.Fechner;1801-87)。


gustav-theodor-fechner.jpg


実験科学としての心理学の誕生に大きく貢献したドイツの学者の一人として、
心理学の教科書などでも紹介されています。

そうした文脈で必ず言及されるのは、
彼が自ら「精神物理学」と呼んだ方法論で、
これはつまり、
物理的刺激と、それに対する感覚の変化を調べることによって
心と身体の対応関係を数量的に確かめる、というものです。
(サトウタツヤ・高砂美樹『流れを読む心理学史』有斐閣、20〜24頁などを参照。これ、良書と思います)

太陽を凝視して、というエピソードは、
そうした方法論を確立するよりもかなり前のことですが、
それもまた、
光と残像の関係を確かめるための「実験」だったそうで、
後に発展する方法論の萌芽でもあったのでしょう。

     ★★★

私が好きで、長いこと読みつづけているアメリカの哲学者、
ウィリアム・ジェイムズの著作のいくつかに、
このフェヒナーに対する賛辞(しかも、かなり興奮を帯びた)が見られます。

ジェイムズが感激しているのは、
フェヒナーの実験家としての側面よりもむしろ、
彼の独特の宇宙観であるようです。

その特徴の一端は、
フェヒナーが心と相即するところの「身体」というものを、
極めて多様なものとして、また極めて広い範囲に見出そうとしている点に認められます。

たとえば、植物。
あるいは、地球そのもの。

これらにフェヒナーは、確かに「身体」を見ています。

そこに身体を認めるということは、
同時に、そこに精神的な営み(ジェイムズの言い方では「内的生活」)を認めるということでもあります。

ジェイムズが注目を促すところのフェヒナーの思想は、
日本に育った私には、
何となく「依り代」的な考え方とも部分的に重なるような気がして、
共感できる面があります。

しかも、そのような着想を、単なるフィーリングによってではなく、
一定のロジックを働かせながら紡ぎだしているところに、
興味をそそられます。

しかし、この面でのフェヒナーの著作は、
死後生を論じた小著を除いて、日本語訳がほとんどありません。

私はドイツ語が×××なので英訳に期待したのですが、
これもほんの一部の著作(というか、断片)にとどまっています。

しばらくは辞書と首っ引きの状態でも、
ドイツ語に噛り付くしかないようです。

     by 堀マサヒコ

posted by 面 at 05:52| Comment(0) | シナプス接続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月08日

神事と品格の曖昧な関係。

他のところにも書いたのですが、
やっぱり気になる朝青龍の一件。

神事なんだから横綱には品格を、
という言い方に接しますが、
どうも、神事ってことを狭く、また道徳的に(人事として?)考えすぎてるような気がします。

立ち会いからつかの間、
土俵から立ちあがる、荒ぶる神の依り代(憑依体)となり、
さて、どちらがどちらを鎮めるか――

私個人は、そんなふうに、相撲と神事との重なりを見ています。

いや、依り代(シャーマン)じゃあない、
祭司、神官(プリースト)であるからして、
神を前にしての礼節が求められるのだ、
という声もありましょうけれど。

歴史的なことは、私も少し勉強しなければ、
はっきりしたことは言えないのですが、
おそらくこの種の問題に関しては、文献的に実証できることは限られている。

両面が混在してるんじゃないかと思うし、
その混在がまた、面白いんじゃないかと思うんです。

     ★★★

破天荒な行動をする力士がいなくなった、
という話をどこかで読んだのは、ずいぶん前のこと。
その分、ハングリー精神も見られなくなってきた、という話でした。

外国人力士の勢いが増してきたのは、
そうしたことも理由の一つだったはず。

ある面では(ある面では、ですよ)、朝青龍は今どき少ない、
力士らしい力士だったのかもしれない、と。

問題は、場合によっては土俵の外でも荒ぶる神みたいな状態になりかねない力士という存在を、
暴走しないようにぎりぎりのところで制御できる人たちがちゃんといるかどうかじゃないでしょうか。
(お祭りの時だって、血気盛んな若者や暴れ馬を年長者が「どうどうどう」、とやる)

そういうネットワークの中でたち現れる「品格」を言うのなら、まあわかるけど、
他から切り離された個人の属性としてそれを横綱に求めるのは、
「無茶!」という気がします。

現代の日本でなお、ちょんまげを結っている超・少数派集団として、
過度に「おさむらい」的な儒教道徳を求められるのは、
ちょっと気の毒です。

もっともっと広いスケールで伝統というものを考えたい。

江戸時代の、しかもほんの一部の武士的な価値観を日本の伝統のすべてとは考えたくないです。
先ほど憑依とかシャーマンという言葉を使ったのは、
そこに異国とのつながり――例えばモンゴルにも共通するもの――があるからです。

     ★★★

力士の教育に全力を、って言うけれど、
おさむらいと神官ばかりが土俵の上にいて、
肝心の神様がいないような事態になるのは寂しい。

神様信じてるの?とか、そういう問題ではなくて。

神事というのはさしあたり、
人知や人力では制御しきれないものに対して、
そこに住む人々がどういう姿勢をとるか、
ということを表現するものだと思うので。

たとえ信じてなくてもおろそかにはしたくない、と思うのです。


      堀マサヒコ


posted by 面 at 00:43| Comment(0) | 問いの小窓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

信じてないからこそ。

「来世でな!」

と手を振り、去りゆく男(千原ジュニア)。

ずいぶん前に見たドラマのラストシーンですが、
なんだか妙に、心に残っています。

     ★★★

「深く潜れ ― 八犬伝2001」。
検索してみたら、NHKのサイトが残っていました。
http://www.nhk.or.jp/drama/archives/dd/index.html

前世を知るための無人島ツアーという、
なんとも怪しげな旅に集まってしまった人々の物語。
そうだったけか。 細部は忘れてしまったけれど、
確かになかなか面白いドラマでした。

数年前のNHK朝ドラ「芋たこなんきん」でも、
主人公(藤山直美)が死んでしまった亭主(國村隼)の写真に向かい、
「来世でも私を見つけてね」と呼びかけるシーンがありました。

が、こちらは原作の田辺聖子が江原ファンなのを知っていたので、
正直、すっごく白けてしまった。
藤山直美も國村隼も大好きなのに。

     ★★★

来世で、という言葉が心に響くのは、
反面、来世なんか無いだろうなあ、と思っているからこそじゃないかと。

もう二度と会えないという思いがズキズキと胸に迫っているからこそ、
来世で会おうよ、と笑って別れることにも一定の重みがあるわけで。

芸能人カップルが「パワースポット」セドナへの旅に出かけ、
歌舞伎役者が意中のひとに「来世も再来世も一緒に」と甘い言葉(?)をささやく、
あちこちスピリチュアルな今日この頃。

来世があるらしいよ、てな話がアタリマエになってしまったら、
これまで人類が色んな形で来世やあの世を語ってきたことの意味が、
すっかり消えてしまうような気がして。

あまのじゃくですかね。

     by 堀マサヒコ

posted by 面 at 01:43| Comment(2) | 問いの小窓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

太陽のこと

冬になると太陽が恋しくなります。私は、真夏のギラギラした太陽が大好きで、雲の多い冬はどうにも寂しく感じます。北の地にいると、真夏でも太陽があまりギラギラしていないので、ちょっと残念なのですが。

ここの太陽は南国みたいにギラギラしていないとはいえ、やっぱりそれなりにギラギラしているわけで、冬でも昼間の太陽は直接に見ることができません。目が焼け焦げてしまいますので注意が必要。

でもよく考えると、そんな危険なものがつねに頭の上にあるというのは少し変な気がします。見てはいけないものがつねに空の上にあるというのも、なんだか危なっかしいです。少し顔を上に向けると視界の隅に危険なものが入り込んで、ああ、そっちを見てはいけない、と本能じみたものが警告を発してくれます。人生つねに危険と隣り合わせという教訓を示してくれているような気もします。そんな、直接見てはいけないものが、私たちの命の源であるというのも不思議でなりません。

以前こんな物語を読んだことがあります。大分前のことなので細かいところは忘れてしまいましたが、だいたいこんな感じ……

……ある貴族がある実験を企み、一人の赤子を買い取ります。さて、その実験とは何か? それは、その子にまったく太陽を見せず、太陽の存在も知らせずに、室内の人工灯の下で育て、そして少年に成長したときに、彼に初めて太陽を見せるとどうなるのか、そしてその太陽が沈んでいくのを見るといったいどうなるのか?というものでした。そして、この貴族は友人たちと賭けをすることになります。ある友人は、太陽が消えるのを目の当たりにした少年は気が狂って死んでしまうだろう、と予想します。さて、どうなることやら……

これはアレクサンドル・グリーンの「消えた太陽」という短編小説ですが、よく考えると(いや、よく考えなくても)あまりにも非人道的でおぞましい実験です。とはいえ、いったい結末はどうなるのか、それは読んでのお楽しみということで、ここでは伏せておきます。

普段は意識しないものがとても大切で、とても大切なのに直接目にすることができず、とても危険なもので、目にできるのはそれが生まれるとき(日の出)か死ぬとき(日の入り)だけだなんてどうにも不思議で、とても不思議なのに当たり前のように思ってしまう。昔から、そんな思考にときどき悩まされてしまいます。

   by こにりょ
posted by こにりょ at 11:56| Comment(0) | 名づけえぬもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

図書館を見に行く

置戸町に行く。
「おけとちょう」である。
人口約3,700人。
図書館を見るのである。

農林業と工芸の町・置戸町。
北海道の北東部、常呂郡に位置する。
町の80パーセントが森林だという。
けれどもその小さな町の図書館が、数年前、日本図書館協会建築賞を受賞した。

早朝5時に札幌を出発。旭川を経由して石北峠を越える。
車でたっぷり6時間はかかる道のりだ。
高速道路を利用すれば、もう少し早く、到着するのだろう。
しかし急ぐ理由はない。
車でたっぷり6時間かける。

町を貫く国道242号線から、一本入った道路沿いに、図書館がある。
けれどもここで悲しい事実が判明。
休館日なのである!
呆然と、立ちつくすこと、1、2分。
除雪車がゆっくりと通りすぎていく。

気をとりなおし、ガラス張りのエントランスから、内部を覗く。
すぐに目につくのは大きな梁だ。地元産のカラマツで組まれた弧状の大きな梁が、何本も何本もわたされて、開放感のある高い天井を支えている。それに対して書架は低くしつらえられている。視線をさえぎるものはない。
一冊一冊の背表紙までは見えないが、それでも図書館全体があたたかく、親しみのもてる空間に見えるのは、採光が巧みになされているためだろう。
薪ストーブを囲む読書コーナーには、ゆったりとした間隔で、アームチェアが並んでいるのが見える。館内のインテリアの多くは地元の工芸作家の手によるものだという。このアームチェアも、きっと、彼らの作品なのだろう。

素晴らしい図書館。
しかし、である。

しかし、そこに、読書する者の姿はない。
暖炉のまわりでくつろぐ者の姿もない。
薪のはぜる音も、アームチェアに投げ出された脚もない。
ページをめくる指も、背表紙をたどる指もない。
ただ本だけが、どこまでも、どこまでも、並んでいる。

そして無人の図書館の中で、本たちには、なにより個別の影がないのである。
館内はほの暗い。
まるで、ページや背表紙や梁や柱や棚になる前の、巨大な一塊の樹木のように。あるいは、文字の上に文字が書かれ、その上にさらにまた文字が書かれ、行間が全く消滅してしまった一冊のフシギな書物のように。立ち入ることも読むこともできない、物の集積として、図書館はただそこにある。
それは、たとえば「歴史」だとか「記憶」などと呼んでしまうには、あまりにもずんぐりとして、不恰好で、あたたかいものだ。

★★★

冬至を過ぎたばかりの山間の町に、しんしんと、雪が降っている。
除雪車が、また、ゆっくりと通り過ぎていく。
なぜか少ししょんぼりとして、たっぷり6時間かけての、帰路につく。


     by ima.

posted by 面 at 00:00| Comment(0) | 名づけえぬもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

惚れなおす。

二週間のご無沙汰でした。

今年もよろしくお願いいたします。

みなさま、どのようなお正月をお過ごしになったでしょうか。

私、管理人Aこと堀はまあ、例年どおり雑煮を食べたり初詣に行ったりといった、
ごく平凡な正月を過ごしました。

深夜にテレビで放映される映画などを、ぼけらっと見ることが多かったのも例年どおりのことですが、
井口奈己監督の「人のセックスを笑うな」は、
なんか久々に良い日本映画を見たな、と思いました。

久々に、というのは単に私が映画を見る本数が、年々激減しているためですが。

松山ケンイチはほんとにいいですね。

淡々として静かな、いかにも映画的な時間の流れる作品で、
こういう時間が流れていると、話の筋書きはどうでも良くなるなあ、と思いました。
実際、ほとんどストーリー性のない作品ですが。

昔好きだった、ジャームッシュの映画を思い出しました。

今年の私のテーマは、「惚れなおす」こと。

映画、小説、ロック、「現代思想」・・・単なる懐古趣味に走るのではなく、
このところ遠ざかっているもの、あるいは反対に、
あまりに身近なためにその魅力を忘れかけているものなどを新たな視点で見直して、
改めて惚れぼれしたい、と思っています。

   by 堀マサヒコ


posted by 面 at 01:35| Comment(0) | intermezzo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

善い魔女――ホレおばさんと銭婆

立て続けの登場にて失礼します、
管理人の堀です。

先週書いたことの関連で、わりと最近、気が付いたことをひとつ。

     ★★★

「善い魔女」が登場する物語の例として挙げられるものに、
グリム童話の「ホレおばさん」があります。

井戸から落としてしまった糸巻きをとりに、
その中へと飛び込み、地下の世界にたどりつく娘。

そこで出会うおばあさんは、
その一見恐ろしげな風貌とは裏腹に、
まじめに仕事を手伝ってくれる娘を暖かく迎え入れ、
最後は黄金という褒美まで与えて地上へと返しています。

もっとも、善い魔女と言っても、その性格は両義的。

主人公の娘の帰還後に、継母が黄金目当てに送り出した別の娘に対しては、
まじめに仕事をしなかったということで、
一生取れることのない汚れという、かなり強烈な罰を与えています。

先週紹介した本でも論じられているように、
魔女(とまとめられるに至る、諸々の不思議な力を持つ女性)は、
もともと善悪あわせもつ存在だったと考えられています。

それが、キリスト教的な選別倫理の浸透を通して、
純粋に善なる聖母のような存在と、
まったき悪のかたまりのような「悪い魔女」へと両極化した、というわけです。

     ★★★

で、さいきん気が付いたことというのは、
このホレおばさん、
宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」に登場する銭婆と実に共通点が多いということ。

西洋の魔女の原型になっているもの(かなり多様)の筆頭に挙げられるのは、
地母神や太母と総称される各地の女神ですが、
これらは総じて、
豊饒神としての側面と、
冥界の女王としての側面をあわせもっています。

大地が生命のゆりかごであると同時に、
墓場――「土に帰る」場所――でもあることからすれば、
この両面性は、不思議なことではありません。

ホレおばさんと銭婆は、
どちらも冥界の女主人という側面が非常に濃厚だと思います。

ホレおばさんの主人公は井戸に落ちて奇跡的に生還し、
他方、「千と千尋」の千尋は、かつて川に落ちて奇跡的に助かったことを思い出しています(しかも、銭婆の家を訪ねた直後に!)。

また、
ホレおばさんの主人公は糸紡ぎの途中で糸を落とし、地下の世界へと誘われますが、
他方、千尋が冥界らしき場所で出会った銭婆もまた糸を紡いでおり、
その糸で編んだ髪留めを千尋に贈っています。

「運命の女神の紡ぎ車」という言葉で親しまれるイタリアの女神、
フォルトゥーナに代表されるように、
糸紡ぎという作業(および、紡がれた糸)は、ヨーロッパではしばしば運命のゆくえと関係づけられてきたようです。

思えば、いずれの物語の主人公も、
運命の歯車が少し違った方向に回っていればこの世に戻って来れなかったわけで、
どちらも極めてきわどい場所を旅してきたと言えそうです。

     ★★★

この共通性はおそらく、
宮崎監督にとってはアタリマエというか、十分に意識化されているものでしょう。
(ホレおばさんの模倣、などというケチな話ではなく、
日本人もまた童話を通して親しんできた西洋の神話の祖型をなぞる、という意味で)

「千と千尋」については、
日本的なアニミズムとの関係や、
宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」との類縁性を指摘する人が多いのですが、
このあたりを考えると、
さらに多様な要素をはらんでいるようで、
改めて面白い作品だと思います。

    by 堀マサヒコ

     ★★★

今年の更新は、これが最後となります。
みなさま、どうぞ良い年をお迎えください。

posted by 面 at 00:55| Comment(0) | シナプス接続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

奈倉洋子 『グリムにおける魔女とユダヤ人』

先週紹介した映画(DVD)、「ブラザーズ・グリム」との関連で、
お薦めの本を一冊。

奈倉洋子『グリムにおける魔女とユダヤ人 ――メルヒェン・伝説・神話』
鳥影社、2008年。

     ★★★

メルヘンには悪役がつきもの。
その悪役のイメージは、多くの場合、現実の世の中から素材やモデルを得て、練り上げられています。

魔女やユダヤ人が悪役として現れるグリム童話の世界には、
当然ながら、現実に行われた魔女狩りやユダヤ人迫害の歴史が、くらい影を落としているわけで。

この本は、副題に示唆されているように、
グリムのメルヒェン集(いわゆる『グリム童話集』)をはじめ、
彼らの編纂した『ドイツ伝説集』、および兄ヤーコプの著書『ドイツ神話学』を対象に、
そこでの魔女やユダヤ人についての記述のありようと、背景となる歴史との関係に迫るものです。

記述は懇切丁寧にして平易。 

以前、子供に「魔女って、どうして悪い人ばっかりなの?」と問われ、
一瞬、答えに詰まったことがあります。
(「いや、良い魔女もいるんだよ」と答えたものの、
これは本質的な答えではないわけで。)

同じような疑問を子供の頃に持った方。
あるいは、
そういえばどうしてだろう、と、大人になったいま改めて考えてしまう方。

考えるヒントを与えてくれるものとして、
本書を一読されてみてはいかがでしょうか。

     by 堀マサヒコ

posted by 面 at 00:11| Comment(2) | お薦め | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

ブラザーズ・グリム

          brothers_grimm.jpg

テリー・ギリアム監督、2005年の作品。

マット・デイモン演じる兄ウィルと、ヒース・レジャー演じる弟ジェイコブ。

グリム童話で知られる実在の兄弟は、
兄がヤーコプ、弟がウィルヘルム。

この逆転は、この物語が一種のパロディであることの印でしょうが、
通して見てみるとこれが、
単にパロディという言葉では括りきれないような作品。

童話作家として、というよりは民話採集者(民俗学者)としての彼らの仕事の意味を
ドイツ、ひいてはヨーロッパの文化史的・精神史的な観点から捉えた上で、
伝記的事実とはかけ離れたファンタジックな物語の中に彼らを置きなおす、
という、かなり手の込んだ遊びが認められます。

キリスト教と啓蒙主義の双方から忌避され、
「あってはならないもの」とされてしまった精霊信仰(アニミズム)と魔術的世界観。

その象徴である「呪われた森」の中で通用するのは、
この作品では支配者たるフランス人が代表しているところの「書かれた理性」の文化ではなく、
狩人の娘、アンジェリカ(レナ・ヘディ:下のポスター写真、右)が代表しているところの、口頭伝承による民俗知識。

つまり、まさに実在のグリム兄弟が掘り起こそうとしたものです。

          brothers_grimm_ver6.jpg

兄弟がアンジェリカと協力して森を呪いから解く(=森を守る)行為は、
見た目上は単なる化け物退治に見えますが、
実在のグリム兄弟がいわばペンによって行った闘いの、
ちゃんとした表現になっている。

公開から4年も経って言うのもなんですが、
テリー・ギリアムってやっぱりすごいじゃん、と思いました。

ちなみに村に平和が戻ってきた、というラストのチャプターの冒頭、
映し出される十字架は、
クロスの中央部に円が加わった、ケルト十字を思わせる形。

ひょっとすると、作品中の悪役、フランス人たちが濃厚に継承するローマ(カトリック)的キリスト教の伝統とは異質の、
よりアニミズム的傾向をもつケルトのキリスト教(※)に対する積極的評価を込めたのかもしれません。

一般的なケルト十字そのものズバリじゃないので、
これはちと、読み込み過ぎかもしれませんが。。。。
(この辺り、ご存知の方いらしたらご教示ください)

エンディング近く、喜びに沸く村人が奏で、踊る音楽が、
ユダヤの伝統音楽クレズマーなのも(これもたぶん、だけど)、
それをバックに交わされるグリム兄弟の会話と相まって、
色々考えさせられます。

  弟:「現実の世界は厳しい。
     故郷ももたず、国家を敵に回し、名も成していない。
     ・・・良い名前なのに」

  兄:「最高の名前だよ!」

※  アリスター・マクグラスは、
    古代におけるケルト的キリスト教の神学的特質について、
    「神を知る手段としての自然界の重要性を強調した」点に注目しています。
    (『総説・キリスト教』キリスト新聞社、2008年、378頁)

     by 堀マサヒコ


posted by 面 at 00:35| Comment(0) | お薦め | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。